東京ゲームショウ2017 RPGツクールブースやゲーム制作関係みてきた

2017年9月21日〜24日まで、千葉県にある幕張メッセで国内最大のゲーム展示会・東京ゲームショウ2017(tgc)が開催されました。

参照:東京ゲームショウ2017 公式サイト

今冬発売予定のラノゲツクールMVを始めとしたツクールシリーズが初出展ということだったので、実際に行ってきてみました。明日も開催しているみたいですので、実際に行こうか迷っている方など向けにレポしていきたいと思います。

東京ゲームショウ2017とは?


東京ゲームショウは1996年より毎年開催されている国内最大級のゲームイベントです。2017年は9月21日~24日までの4日間(うち前半2日間はビジネスデイ)、千葉県の幕張メッセで開催されています。

イベントでは新作ゲームの発表が続くほか、物販やイベント開催なども行われ、今年も様々な発表が行われています。


▲幕張はプロ野球の街でもあります。駅前には千葉ロッテマリーンズさんのオブジェクトも


▲幕張メッセに向かう道中には看板もいっぱい

参照:『TGS2017』東京ゲームショウ2017 特設サイト|ファミ通.com


▲新作ゲームなどの情報や撮影スポットなどもあり。上記はコナミさんのときめきアイドルブース。ウェブに向けて投稿してね!みたいな表記があったりも


▲個人的には立川朱音ちゃんのキャラデザが好きです(←どうでもいい)


▲海外の来客も多く、英語向けの案内板も

ゲームショウ2017に行ってみた


まず、現地情報から。東京ゲームショー自体の開催は10時からでしたが、自分は今回12時15分ぐらいに最寄りの海浜幕張駅に着きました。


▲駅出てすぐの光景。まだまだ人はいっぱいで、幕張メッセに向けて流れの列が出ています。

お昼過ぎていましたが、普通に歩くぐらいの速度で動いている列ができており、この時間からゲームショウへと行く方も多い様子です。自分はゲームショウ久しぶりで多分昔、初代ポケモンのミュウ配布したときに行ったのが最後だったかなぁ……とあまりゲームショウ行った記憶が無いのですが。

歩いている方の中には外国人の方も多め。女性も多かった印象です。


▲駅前ではパンフレットの配布をされてるメーカーさんも

幕張メッセは迂回して並びながら入っていく感じだったので、駅から15分程して開場に入りました。

メインの入口から入ったと思うのですが、入口から入るとちょうどホール6。ツクールのブースはこのホール6にあります。

ゲームショウ2017のRPGツクールブース


RPGツクールのブースは、ちょうどホール6、ファミ通の裏の方にある小さめなブースです。

ロマンスゲームコーナーの道挟んだ隣なので、上から釣らされているロマンスゲームコーナーの看板を目印に探してみるといいかと思います。

ブースの感じはこんな感じ。

RPGツクール最新作のロゴが描かれている壁とモニターが一台。

あと、時間帯が合えばコスプレ写真も撮影できます。一緒に取ってもらっている方もいました。スタッフの方に確認したところ、人が写ったものをネットに上げてもいいみたいだったので、メインコンテンツとしてはコスプレ写真を取れる可能性がある!と思うといいかと思います。

ちなみに時間帯によってはコスプレイヤーさんいない時もあります。また、いる場合も列ができることもあり、1~2分程待つこともあります。

もう一つの大きなコンテンツは、ツクラー向けの資料配布。こちらはこのあと、別枠で紹介していきます。

展示物としては、大きなモニターで自動的に映像が流れている感じです。「RPGツクールMV」「ツクールフェス」「ラノゲツクール」の主な製品紹介が中心の映像です。

今冬発売のラノゲツクールMVの映像も少し流れていました。

また、以前公式放送だかRPGアツマールの放送で流れていたツクール素材マーケットの情報もちらっと出ています。

これ、フリゲ制作者へ話題に出すことあったんですが、意外と知らない方も多いので、知らなかった人も多いのではないでしょうか。よく話題に出ると、ラノゲ向けサービスでしょ?説も聞くのですが、自分どっかでMVも対応するんじゃなかったっけなぁ……と聞いた記憶があるので、詳細が出るのが自分的には待ち遠しいです。

あとはツクール向けのコンテスト予告なんかも。
いつやるのか不明ですが、毎年年末にフリゲ関係のコンテストは集中している印象があるので、新しいコンテストがいつくるのかも楽しみですね!

ツクラ向けのノート


また、ツクールブースではツクラーさん向けの小冊子が配布されています。

小冊子は、結構なページ数。ページ数割り振りはありませんが、数えてみたら65ページほどありました。冊子の中にはツクール関係の商品情報やラノゲツクールMVの事前導入されている大学情報などが掲載されています。ツクールブースで流れていた映像をより各ツールの手順などを詳しく紹介し、関連情報も紹介しているという感じです。

また、ドット絵が書けるようなページも。イラストロジックのように四角い小さいマスの集合体で四角形が構成されているので、色を塗っていけばドット絵が完成できるという感じの面白いコンテンツ。上のハロルドサンプルのように塗りつぶして絵を作っていきます。

ちなみにサンプルで1枠使われており、残る枠数は65枠。結構な数のドット絵が作成できます。コピーとかして友達とドット絵作成・見せあいっことかしてみたりしても面白そうだなぁとか。

ちなみに、小冊子は配布が中断されているタイミングもあります。ほしい方はスタッフの方がたくさんいたので、確認してみるといいんじゃないかなぁと思います。

また、不定期で景品がもらえるじゃんけん大会も。予告されているときもあるみたいなので、ツクールの公式ツイッター確認してみるといいかと思います。

その他のゲームショウ2017ゲーム制作関係


その他、ゲーム制作に関連しそうな展示も他メーカーさんでたくさん展示されています。

例えば液晶を展示されているメーカーさんや、ゲーム(プレイ)向けの椅子などを体験して座れるメーカーさんも。パソコンパーツメーカーさんも出展されていた印象があります。

あとは、ゲーム向けの開発ツールと思われる展示や……

ペイントツールのようなもの

あとはゲーム原作のアニメ史

面白いなーと思ったのが、デジタル製品の保険なんてものも。wifiか何かで接続できる商品であれば、なんでも保証にできるみたいです。(軽く聞いた感じなので、詳しくはメーカーさんに問い合わせてください)

参照:モバイル保険

他には決算サービスで有名なペイパルや検索技術的なものも。

アマチュアやインディーズゲームのプレイ体験、ゲーム実況体験もありました。

まとめ


ということで、フリゲ関係のゲームショウ速報でした。

RPGツクールブースだけ行くと、配布物もらえなかったり、コスプレに興味ないとちょっとコンテンツ不足かなぁと思いますが、全体を見るとゲーム制作の刺激になるようなものや、役立つ展示も多かったかなぁと思いました。

色々ツイッターを見ると、フリゲ関係の方がゲームショウなんかに行かれている方もいるみたいなので、いろいろな意見も参考にしつつ、行くかどうか確認してみたりするといいんじゃないかなぁと思います。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。